保育方針

このエントリーをはてなブックマークに追加
         保育目標
             1.明るい素直な子
             2.健康で活発な子
             3.集団生活になじむ子


保育の方針は、養護と教育の一体化となった保育をしております。
養護はお子様の命を護り、病気にさせない、病気に打ち勝つことに努力しながら、情緒の安定を図り、心の教育をしています。また、園外活動や、体験活動にも力を入れております。子どもたちの発達にふさわしい遊具や教材を準備し、保育士たちは一人ひとりの発達を把握するために、記録を丁寧にとり、個人差をしっかり抑えた保育をしています。一人ひとりの自尊感情を育てるため、教材を工夫したり、できた喜びやもっとしたい意欲、我慢する態度、工夫する力を養うように教育をしています。その内容は、5つの領域「健康」「環境」「人間関係」
「言葉」「表現」の関連をもって保育計画を年齢ごとに区分して、指導計画を作成し保育目標の達成に努力しております。